ブラックジャックのルール

ブラックジャックはオンラインカジノで大人気のゲームです。

ディーラーよりも強い役柄を作るゲームで21に一番近い方の勝ちとなります。

21を超えてしまうとバスト(アウト)となり、負けとなります。

J、Q、Kはすべて10とみなされます。

Aは10とペアのときだけ、11とみなされますが、10以外のカードの場合は10と見なされ、

新たにカードを引くと1とみなされます。

プレーヤーは21を越えない限り、何度でも手札を引けますが、超えてしまうとバストです。

ディーラーは自分の手札が17を超えた時点で新たに引くことをやめます。

どうしても、21に近づけることが無謀に感じた場合は17に近い数字で止めるのが得策かもしれません。

ディーラーにもバストがありますので、17以下の例えば16だった場合はもう一度引きますので、

バストする可能性が高くなるわけです。

その場合は無理に21に近づけずにバストを狙う手もあります。

 

ゲームの流れは参加者全員にトランプが2枚ずつ配られます。

プレーヤーは自分の2枚を確認してから、次の2つの行動から1つの選択ができます。

ヒットは更にカードを一枚引くという意味です。
21を超えない限り、何度でも引けます。

スタンドはカードを引かずにその時点の手札で勝負するという意味です。

カジノによってはヒットとスタンド以外の特別ルールが用意されている場合がある。

スプリット (Split)
配られた2枚のカードが同じ数字の場合、初めのベットと同額のコインを追加することで、それを2つに分けてプレイすることができる。10と数えら れるカード (10,J,Q,K) は全てペアと見なすことが出来るカジノもある。また、ほとんどのカジノでは A のペアのスプリットでは、それぞれ1枚しか引くことができない。スプリット後にさらに同じ数字が配られた場合に、重ねてスプリットが可能なルールもある。
動作:初めのベットの横に同額をベッティングボックスの外に置き、二本の指をV字に広げる。
 
ダブルダウン (Double down)
プレイヤーは最初の2枚のカードを見てからベットを2倍にしてもう1枚だけカードを引くことが出来る。さらに追加して引くことはできない。多くの カジノでは最初の数がいくつでもダブルダウンすることが出来るが、カジノによってはカードの合計が11,10(又は11,10,9)の場合にのみダブルダ ウンできるルールを採用している所もある。また、スプリット後のダブルダウンが可能かどうかも、カジノごとに差異がある。なお、ディーラーがナチュラル 21となっているかの確認をプレイヤーのアクションの後に行うカジノにおいては、結果的にディーラーがナチュラル21であった場合に、スプリットやダブル ダウンによって賭け増したベット分をプレイヤーの負けとするか、無勝負として元返しとするかについてはカジノごとに細かなルールの相違がある。
動作:初めのベットの隣に同額を置き、人差し指で指差す。
サレンダー (Surrender)
プレイヤーの手が悪く、勝ち目がないと判断した場合に賭け金の半額を放棄してプレイを降りること。ディーラーがナチュラル21をチェックする前に サレンダーが可能なルール(アーリーサレンダー)と、ナチュラル21ではない場合のみ可能なルール(レイトサレンダー)に大別される。アーリーサレンダー を採用するルールは稀である。
 
インシュランス/インシュアランス (Insurance)
ディーラーの表向きのカードがAのときには、最初のベットの半額を追加することにより、保険をかけることができる。ディーラーがナチュラル21で あった場合には保険として掛けた額の2倍の保険金が払い戻され、そうでない場合は保険の掛け金は没収される。例えばプレイヤーが最初に$10を賭けてお り、プレイヤーのカードは8と10、ディーラーの表向きのカードがAであったとする。ここでプレイヤーがインシュランスを選択した場合、$5を保険の掛け 金として追加する。逆にインシュランスを選択しない場合には追加の掛け金は発生しない。全てのプレイヤーのインシュランスの意思を確認した後、ディーラー はプレイヤーには見えないようにしてディーラーの裏向きのカードの数字を調べる。ディーラーの裏向きのカードが例えば10の場合にはナチュラル21とな る。この時、裏向きだったカードは表向きにされ、プレイヤーの最初の掛け金である$10は没収されるが、インシュランスの保険金として$10が払い戻さ れ、保険の掛け金$5もプレイヤーに戻る。この場合、プレイヤーの損得は±0である。一方、ディーラーの裏向きのカードが例えば3であり、ナチュラル21 ではなかった場合には保険の掛け金である$5は没収され、ディーラーの裏向きのカードは裏返されたままの状態で引き続き通常通りのプレイ(ホールドやヒッ トの選択)が行われる。このインシュランスはプレイヤーにとって確率的には不利なオプションだが、多くのカジノでこのオプションは提示される。プレイヤー がナチュラル21の場合は、プレイヤーがインシュランスを宣言すると同時に最初のベットと同額が配当される(イーブンマネー)。これは、インシュランスが 成功(掛け金に対して引き分けで0倍、保険料に対して2倍で合計して掛け金の1倍の配当)しても失敗(掛け金に対してナチュラルにより1.5倍の配当、保 険料は没収で合計して掛け金の1倍の配当)してもトータルの配当は変わらないためである。ディーラーの表向きのカードが10、J、Q、Kのいずれかであれ ばディーラーがナチュラル21である可能性はあるが、この場合にはインシュランスはできない。

一部引用

オンラインカジノについて チップの購入方法と払戻し オンラインカジノのペイアウト率 オンラインカジノのボーナス オンラインカジノの必勝法・攻略法 攻略法をマスターしよう オンラインカジノ一覧